地中熱利用でエコに暮らすなら、岐阜の工務店・ヤマカトラストホームズ

地中の自然エネルギーを採熱するので1/4の使用電力で
暖房エネルギーを創り、エコで経済的なライフスタイルが出来ます

地中熱ヒートポンプは熱を汲み上げることができ、温度の低いところから温度の高いところへ熱を移動させることができます。室外機を使用する場合は、外気温と室内の温度差が大きいためエネルギーを移動させる場合は必要の動力は大きくなります。しかし地中熱は外気温と比べて温度は低いので、室内との温度差は小さくなります。なので必要な動力を少なくすることができ、少ない電力で熱を交換することが出来ます。


夏場は外気より低い地中熱の温度利用して、冷房を行うため暑い外気より効率の良い冷房運転が行えます。

冬場は外気より高い地中熱の温度利用して、暖房を行うため冷えている外気のより効率良い暖房運転が行えます。また地中なので除霜運転が不要となっていて連続的な運転が行えます。

地中熱ヒートポンプは、エアコンの室外機のように熱を放出しないので、
CO2の削減、ヒートアイランド現象を防ぎます。

地中熱ヒートポンプは空気を熱源とするエアコンの室外機と比べ、排熱を大気ではなく地中に排熱することができるのでヒートアイランド減少を抑制します。そして排熱された地中は大きな蓄熱能力を持つため、冬場の採熱源として利用することが出来ます。地中熱ヒートポンプは燃料を燃やさず、外気の高い熱を冷やすことがないので余分な電力を使わず低燃費電力なのでCO2排出量も削減しています。

通常のエアコン
室外機は室内の暑い熱を外に排出します。排熱された空気は地球を温め、ヒートアイランド現象要因となります。

地中熱の利用
地中熱ヒートポンプは地中に排熱し、排熱した熱は冬場の暖房運転使用することが出来ます。

地中熱ヒートポンプの5つのメリット

  • エアコンよりも熱効率が良いので、
    電気の使用量が少なくお財布に優しいです。

    エアコンなどの室外機を使用する場合は、外気温と室内の温度差が大きいため熱を移動させる場合の必要の動力は大きくなります。しかし地中熱は外気温と比べて温度は低く、室内との温度差は小さくなります。なので必要な動力を少なくすることができ、必然的に電力使用量を軽減することが出来るのです。下記のグラフは在来のシステムと地中熱を比較したエネルギー使用量と空中熱を利用した一般室外機と地中熱を利用した電力消費量です。どちらも地中熱を使用することで年間で50%近くを削減をしています。効率を考えた上でエコで経済的なものが地中熱です。

    エネルギー消費量

    ※在来システム
    冷房:空冷チラー、暖房:灯油ボイラー、融雪:電熱線

    空調電力消費量

    空中熱 2005-07年の平均
    地中熱 2006-09年

  • CO2削減、ヒートアイランド対策など
    環境に負荷をかけない生活ができます。

    地中熱ヒートポンプはボイラーなどと比べ燃料を燃やさないのでCO2排出量も削減しています。下の図は在来システム(空冷チラー、灯油ボイラー、電熱線)と地中熱のCO2発生量を表したグラフです。年間で50%ほどのCO2を削減しており、環境に配慮した地中熱エネルギーは環境問題には必要不可欠となるでしょう。そして地中熱ヒートポンプは空気を熱源とするエアコンの室外機と比べ、排熱を大気ではなく地中に排熱することができ、ヒートアイランド現象を抑制します。地中は大きな蓄熱能力を持つため、排熱された熱は冬場の採熱源として利用することが出来ます。

    CO2発生量

    ※在来システム 
    冷房:空冷チラー、暖房:灯油ボイラー、融雪:電熱線

    ヒートアイランド対策

  • 一定温度の地中熱を利用することで
    安定した空調が出来ます。

    地中温度は年中約15℃

    地中熱エネルギーは太陽から吸収した浅い地盤中に存在する低温の熱エネルギーです。この地中熱は土壌の断熱機能により大気の温度変化に影響をうけないため一年通して温度が一定であり、およそ15℃前後と言われています。そして土壌は蓄熱能力がとても高いため、安定した空調が出来ます

  • 暖かい地域でも寒い地域でも、
    いつでもどこでも利用できます。

    地中温度は年中約15℃

    土壌の断熱機能を持っている地中は暖かい地域でも外気の影響をうけず、常に温度が一定です。なので地中熱を利用したエアコンでも安心して冷たい風を室内に届くことができるでしょう。 そして蓄熱能力が高い地中は寒い地域でも温度が変わらず暖かい熱を保つことが出来ます。なのでエアコンが利用出来ない外気温−15℃の寒冷地でも地中熱は一定の温度を保つため、エアコンが使用できる唯一のエネルギーとなっています。 地中熱は地域を選ばず活用することが出来るので、注目されている再生可能エネルギーの一つです。

  • エアコンの室外機の音を無くすことが可能です。

    地中熱を利用したエアコンは暑い熱を外に排熱しないので、ファンの音が気になりません。静かな夜を過ごすにはとても快適なエネルギーです。外気を使う室外機の運転音は静かな夜にはとても響きますし、故障すると大きな音を出します。地中熱利用することで静かで環境に優しく、快適な空調を手に入れることが出来るのです。
資料請求・お問い合わせ

Copyright © 2013 岐阜の工務店 注文住宅を建てるならヤマカトラストホームズ Co.,Ltd. All rights reserved